NEWS


食・デザイン・映像をキーワードに様々な表現にチャレンジするためのプラットフォームとして、2018年にcobaltを設立しました。 「食」はフードコンサルタントや商品開発&プロモーション、「デザイン・映像」ではショップツールやパッケージのデザインから店舗空間の演出、映像インスタレーションなど、「美味しい・楽しい・美しい」ものづくりを追求して幅広い領域に対応しています。




フラッグデザイン:かつらぎマルシェ


つくば市の大型複合施設iiasで行われる「かつらぎマルシェ」のフラッグをデザインしました。手前に動物達が集う様子、背景には筑波山から青空へ抜ける風景を描いてマルシェの優しい雰囲気を表現しました。




飲食店ブランディング:カフェ aoioto


2016年に茨城県つくば市にオープンしたカフェaoiotoのロゴ・ショップツール・店内インテリアなどのグラフィックデザインを担当させて頂きました。カウンターやパーテーション等の什器はスイッチ建築設計事務所が手がけました。店内には隣のガーデニングショップWith Garden Tsukubaの商品がディスプレイされた、緑あふれる空間です。



aoiotoの世界観を伝える手法として、切り絵を選びました。動物達が住むaoiotoの森を切り絵や、それを元にコラージュしたグラフィックで表現しています。




メインキャラクターのリスを主人公に、屋外サイン・ショップカード・カップスリーブなど様々なショップツールに展開しています。




期間限定の夜間営業時に行った光の演出では、aoiotoの様々な切り絵モチーフを6台のOHPによって天井に浮かび上がらせ、幻想的な空間を演出しました。







CDジャケットデザイン:ROVO LIVE BEST 2001-2012


ROVOの歴代のライブ作品の中でも突き抜けた楽曲だけを集めた、3枚組ライブベストアルバムのジャケットをデザインさせて頂きました。ライブ会場限定販売です!

ROVO LIVE BEST 2001-2012
CD3枚組 / ¥3,000 / RVLN-16,17,18




LOGO WORKS





1. aoioto(カフェ)CL:アオイオト
2. With Garden Tsukuba(gardening shop)CL:ウィズガーデン
3. クロマリズム(映像制作会社)CL:クロマリズム





VIDEO WORKS




"the CIRCUS"
Producer : Tatsuo Ito (Chromarhythm Inc.)
Director/Designer/Editor : Haruka Sakota
3D/CG Animator : Akira Watanabe (Salt Inc.)
Animator : Masaki Ishii, Ichiro Komiya
Composer : Taeji Sawai (Qosmo Inc.)

ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭で上映されました


STEREO DIVE FOUNDATION "Daisy"

Client:Lantis Co., Ltd.
Production:MAZRI Inc.


Director & Animation : Haruka Sakota
Cinematographer:Chonmage a.k.a Hirotsugu Nakao
Compositer : Ichiro Komiya
P.M : Takanobu Oki (MAZRI Inc.)
Producer : Masafumi Watanabe (MAZRI Inc.)



"クロマリズム ロゴモーション"

Client: Chromarhythm Inc.
Producer: Tatsuo Ito (Chromarhythm Inc.)
Animation : Haruka Sakota

映像制作会社クロマリズムのロゴに引きつづき、モーションも制作させて頂きました。デザイン時にイメージしていた「ク」の字からRGBのプリズムが生まれてロゴになる様子をそのままアニメーション化しました。



ROVO and SYSTEM 7 "HINOTORI"
Written by Stexw Hillage and Miquette Giraudy
Arranged by ROVO
Video directed by Mood Magic
(Koji Morimoto, Haruka Sakota and Akira Watanabe)
Video co-ordinated by Wakyo Productions

ROVOとSYSTEM 7のコラボレーション作品"HINOTORI"MVをMood Magicで制作しました。




PRODUCT DESIGN




写真家のRyu Itsukiさんが手がけるリコーのカスタムオートハーフのデザインに参加させて頂きました


左:切り紙を並べたような幾何学模様
以前チェコで買った万華鏡の箱のデザインがやたら版ズレしてるんだけどとっても味わい深くて、
その雰囲気を思い出して作りました

中央と右:草木柄に鳥
デザインを考える時にカメラ中央のレンズ部分が着物の帯のように感じられたので、少し和風に
自分がカバンからチラっと見せたくなる物を作りました

オートハーフは70年代のカメラで、フィルムは35mm(デジカメになる前はみんなが使ってたあれ)を入れて使います。電池は必要ないのでカバンにいれっぱなしでもOK。最近のデジカメにはどうやっても出せない独特の存在感たっぷりです

お取り扱い:写真家Ryu Itsukiさんのhp